勃起時に親指くらいしかない極小ペニスをバリテインで大きくする

ペニスが小さい悩みは自分にしか分からない問題であり、決して他人に理解してもらうことができない事です。

 

たかが、ペニスといえどもあまりにも小さなサイズでは深刻にならざるを得ません。

 

特に、親指程の極小ペニスでは女性と交際する上で障害になる場面が多くなります。

 

それでは、極小ペニスを大きくする方法について解説していきます。

 

極小ペニスのデメリット

日本人の男性のペニスの平均サイズは長さが13cm程度なので、仮に勃起時であっても人の手の親指サイズの場合はかなり小さい極小ペニスということができます。

 

一般的には長さが13cm程度であれば性行為自体をする上では問題がない大きさと言われております。

 

ただ女性によっては、膣の奥の方を突かれることが好きなタイプもおりますので、その場合では標準サイズより一回り程大きいサイズが好まれることもあります。

 

そして極小ペニスのデメリットは、膣に入った時に女性が入った感じがしないため、それほど女性が充実感を得られにくい点があります。

 

特に一度でも出産を経験した女性の場合だと膣の穴が大きくなる傾向があるため、極小ペニスでは満足できないです。

 

極小ペニスを大きくする方法

問題はこうした極小ペニスをまずは標準サイズまで大きくできるかについては、結論としては可能と言えます。

 

効果が高いと言われているバリテインを飲み続け、生活習慣を見直していくことで成長して大きくなることはあります。

 

年齢も若ければ若いほど大きくなる可能性も高いですが、30歳過ぎでも成長して大きくなることも可能です。

 

しかしバリテインの場合は増大の効果を得るためにはある程度の期間が必要で、最低でも3ヶ月から半年はかかると見た方が良いです。

 

つまり即効性には欠ける上、しかも個人差なども影響しているため、必ずしも全員が同じ様な増大効果をもたらすことはあり得ません。

 

 

それでも直ぐにペニスを大きくしたい場合には、ペニス増大手術をすることで十分な大きさを得ることができます。

 

男性誌やネットサイトでも整形外科によるペニス増大を紹介されており、手術を受けるだけで大きくすることも可能です。

 

 

また極小ペニスは包茎を原因とするケースも多く、24時間ほとんどの時間で皮を被った状態にあるため、それが成長を阻害している場合も多いです。

 

包茎を解消すれば、包皮が被っている状態がなくなるため、亀頭のサイズなどが自然と大きくなっていき、標準サイズやそれ以上も見込めるケースもあります。

 

⇒バリテインで大きくする