オナニーの時の射精の精液の量をバリテインで増やせるか?

精子

オナニーは男性にとって欠かせない行為です。

 

オナニーで精子を出す瞬間の感動と快楽は言葉では表現できないくらいの気持ち良さがある反面、射精が終了した後は虚しさと後悔の気持ちに悩まされてしまいますね。

 

なぜならオナニーは悪い行為ではないのですが、毎日やり過ぎてしまうと時間を無駄に過ごしてしまったという反省と女性との性行為を楽しめないでいる自分への喝の気持ちが入り混じっているからです。

 

こうなったらいっそのこと開き直ってオナニーを楽しんでみませんか?

 

オナニーを楽しむためには精液を溜めて勃起力を上げなければいけません。

 

すなわち射精量とオナニーの快楽は比例するのです。

 

射精量を増やすにはどうすればいいのかについて考えてみました。

30代からのオナニーはバリテインで快感を高める

10代の男

10代のころはオナニーの時にたくさん精液が出るものです。

 

1日に何度も精液を出してもまた勃起してオナニーができるものです。

 

10代の高校生や大学生の中には、土日にオナニーばかりして休日が終わってしまう方もいるのです。

 

それくらい、10代にとってオナニーは楽しいし気持ちが良いものです。

 

 

しかし、30代以降は急激に精子の製造量が減少してしまうので、射精量も少なくなります。

 

精子の量が少なくなるということは、ペニスが勃起する力も弱くなることを意味しています。

 

中高年になるとセックス中にペニスが萎えてしまい中折れが起こる確率も上がるので、運動やバリテインの服用などで射精量を増やす努力をしていかなければいけません。

 

オナニーも3日に一度の頻度に減ってきます。

 

もちろん個人差がありますので毎日できる人もいれば1週間に一度しかできない人もいることでしょう。

 

いずれにしても性欲は衰えてきますのでオナニーの回数は減ってくるのは間違いありません。

 

だから30代以降になるとバリテインを飲んだ後に一度のオナニーで最高の快楽を追及することをおすすめします。

 

射精量を増やす方法

それでは、オナニーの時の射精量を増やすにはどうしたらいいのでしょうか。

 

老化で精子の量が減るのは、男性ならだれもが体験することです。

 

しかし、老化現象は生活習慣で進行を緩やかにしたり、症状を軽くすることは可能ですよね。

 

体を若返らして体力を維持することが重要なのです。

 

生活習慣の見直す

まずは、自分の生活習慣を見直しましょう。

 

不規則な生活は体の老化を早めてしまいますし、大事な男性ホルモンの分泌も鈍ることになります。

 

 

まずは睡眠時間を増やして、男性ホルモンの分泌を促しましょう。

 

深夜までキャバクラ巡りをして飲み歩くのは楽しいものですが、なるべく早く帰って寝ることをおすすめします。

 

男性ホルモンであるテストステロンは睡眠中に分泌されるのでよく眠ることは大切なことです。

 

血行を良くする

血行を良くすることも射精量を増やすことにつながります。

 

締め付けのきつい下着を着用している人は、締め付けが少ないトランクスタイプに替えましょう。

 

ペニス増大パンツやボクサーパンツを履けば血流量が増加するだけではなく、通気性がアップするので下腹部が衛生的になりますよ。

 

 

男性はタバコを吸っている人がたくさんいますが、喫煙も全身の血流量を低下させる上に、体にとってはデメリットしかないので喫煙本数を減らすか、電子タバコに切り替えた方がいいでしょう。

 

健康のために自転車に乗っている人も要注意です。

 

自転車に乗っていると下半身が圧迫させるので、精巣の働きが落ちてしまいます。

 

体のことを考えてるなら、ウォーキングなどほかの有酸素運動の方がいいですね。

 

 

ちなみに長期間の禁欲するとオナニーをした時に精液の量が増えるという考え方もありますが長ければ長いほど射精量が増えるわけではありません。

 

せいぜい3日から1週間のオナ禁で十分です。

 

3日以上禁欲してもたんぱく質として体内に吸収されるので、3日に1回はオナニーをした方が男性ホルモンの量も増え、精子の働きが活発化するのでメリットが大きいんです。

 

男性ホルモンの分泌を促すアルギニンを肉や魚のたんぱく質から摂取することも忘れないでくださいね。

 

食物からアルギニンを摂取することが難しい場合は精力をアップするバリテインを試すこともよいでしょう。

 

⇒射精量を増やすバリテイン